トップ > 暴露情報 > カテゴリー別 > ギャンブル(パチンコ・パチスロ)

パチンコ完全立回り攻略法


この方法は実際にパチプロの多くが実際に行っています。
私も、この方法を使うようになって勝ち組となることが
できました。パチンコ店のことが理解できるので、大負
けすることがなくなると思います。店によって多少違い
ますが、大体が同じような方法で経営をしています。
参考にしてください。

◆ホール側の出玉制御方法
みなさんは、ホール側の出玉の制御方法をご存知ですか?
台設定と釘だけで出玉を制御していると考えている方も
、いらっしゃると思いますが・・・。たいていの人は台
選びに、自己流の確率論,デジタルの回り方,出目の偏り
やリーチのハズレ方を目安にしています。最近(CR機
が普及してから)のホールでは、統括コンピュータの司
令で、当たりを誘発しています。これにより、正確な総
出玉をコントロールできるのです。つまりホール側は、
還元率を何割にするか設定するだけで、正確にその日の
売り上げを決定できるのです。 ですから、当たり回数
をコントロールしているわけで、ある時間にいっせいに
数台も当たりが発生したりする現象が現れるのです。
こういった経験は、長くパチンコを打っている方なら必
ずお持ちでしょう。現在のCR機に代表されるデジパチ
の総当たりの95%以上は、ホールコンピューターの設
定によって、誘発される当たりなのです。現在のCR機
の当たりの公表確率は1/315程度であり、かつての大工
の源さんなどのフルスペック機は1/400を超えます。数学
的確率論では背反事象といって、前の事象に影響はされま
せんから、このようなCR機の確率では、まず当たりはき
ません。でも実際には、当たりは発生しますし、新装開店
のときとしばらくたってからの出玉の差におおきな変化も
あります(釘は変化していなくてもです)。では、実際の
制御方法を具体的に説明いたします。ホールコンピュータ
ーの設定により当たりを誘発させているのですから、大切
なことは当たりを制御配分している部品があります。この
部品には通常4〜5台の機器が接続されていて、統括コン
ピュータの司令である一定のグループがアクティブになり
ます。すると、そのグループ内の1台に当たりが発生します。
たまに、同時に2台に当たりが発生することもありますが、
基本的に一度に当たる台は1グループで1台です。また、
グループが電圧が上がりアクティブになると、リーチの連
続やスペシャルリーチ(中でも得に信頼度が高いリーチ)
が発生します。しかしながら当た
り番ではないと、当たり
まで至りません。一度グループがアクティブな状況にな
ると、電圧の上昇が数回あり、グループ内の台で当たりが周
ります。つまり基本的に、今当たっている台または、確変中
の台と同じグループを打てば少ない投資で当たりを引くこと
ができるのです。*この当たりとは、確変での初当たり、ま
たは単発当たりのことです。確変中の2回目以降の当たりで
はありません。

◆台構成とグループ構成
それでは、一台のトランスにつながっているグループ構成は
どうなっているのでしょうか。まず、ここでは理解しやすい
ように、一番多い台構成で説明します。代表的な台構成は
1列20台で1島40台の構成です。この場合のグループ構
成は、末番構成といって末番号が同じ台が1グループとなり
ます。ホールでは、4,9が欠番になっていて、ちょうど5
台×8グループの構成でちょうど良いのです。そして、1島
40台以外の場合でも、全国の90%以上のホールでこの末
番構成をとっています。この構成は、1島に異機種が導入さ
れていてもです。また、順番は台に表示されている数字通り
であります。ホールでは、入り口側から番号が付き、カウン
ター側で折り返してきていますので、その順番で8台目およ
び16,24,32台目の台が同一グループとなります。末
番構成以外の構成としては、単に5台連続で1グループを形
成している場合もあります。また私の経験では、7台構成
6台構成のホールの存在を確認しています。しかしながら
以上の事例はまれといえます。このグループ構成をしるため
には、とにかく観察するしかないので、末番構成以外のグル
ープ構成はしばらく打たないで観察するのが良いでしょう。

◆アクティブグループの判別法
巷では、いろいろなリーチ目や予告機能がうわさされています。
(リーチ目には、CRゼウスのF・7の並び目,CRあっぱれ応援
団の太鼓・7の並び目,古くはCR大工の源さんの炎リーチの3
・源・源などが上げられます。) また、高確率のスペシャル
リーチやリーチ予告で外れた場合もそうですが、これらオカル
ト理のほとんどが、グループがアクティブになっている場合に
つまり電圧が上がっている場合の現象であります。
ですから、あながちでたらめというわけでは、ありません。
ここで大事なことは、グループがアクティブになっていても
当たりが周ってこない場合があるということです。たとえば
グループ内の2台で当たりが交互に入れ替わる場合、1台が大
爆発している場合、5項で説明する抑制機能が働いている場合
がそうであります。こういう場合は、逆にそのグループを打つ
のは危険であります。台構成の観点から言うと、古いトランス
を使用しているホールでは正常に電圧を分けられるのが4台ま
でで、5台目は必ずはまり台ができるということです。新型の
トランスの場合でも、6台目が存在する場合同様にはまり台が
できるわけですので、注意すべき点であります。つまり、巷の
リーチ目等が来て、60回(多くても120回)以内で当たり
が来ない場合は、直ちに台を替えたほうが懸命であります。

◆はまり時の見方
前項では、はまり台ができるといいましたが、ホールではこの
はまり台を創ることで、出玉の波を創っています。スランプグ
ラフ(出玉のなみ)は、1項で説明した当たりの発生の仕方を
キーに、作り出されます。ここで、注意しなくてはならないこ
とは、出玉の波はグループ全体で見なければならないというこ
とです。グループで大爆発している台があれば、はまりの台が

存在します。また、機種でも異なりますが、グループの中に好
調期が3日続く傾向がある台があるとすると、同じように好調
期が続く台がある場合もありますし、逆に不調期が続く台があ
る場合もあります。つまり、1台のみのスランプグラフを見て
昨日はまっていたから今日は出るだろうと単に思ってもだめな
のです。昨日はまっていたからといって、同じグループに爆発
台があった場合は、その台ははまる可能性が大きいのです。
当方で入手した情報では、新機種の波は3日単位なのです。
それでは、1つの攻略法としてお教えしますが、朝一から打つ
場合、同じグループを1500円から3000円打って周りま
しょう。そのグループがアクティブになり易いです。数人で行
ける場合、同じグループを打つことで、同じ効果が得られ、早
期に当たりが引けます

◆抑制機能とサービス時間帯の存在
前項の上記の攻略法を用いなくても、朝ーは比較的サービス時
間になっている場合があります。現在はモーニング機能は台自
体にはありませんが、朝一に稼動率が高いグループがアクティ
ブになります。また、朝一はグループ内の当たり台数の規制が
解除されている場合が多く、当たりが発生したグループでの当
たり番の周りが速くなり、当たりの誘発が多いのです。1台が
当たるまでまって、そのグループを打ちましょう。逆に、通常
の時間帯では、ホール全体の稼働率が落ちている場合、抑制機
能が働く場合があります。この場合、当たり番の周りが遅く
なかなか当たりが周ってきません。ですから、稼働率が良くなる
夕刻から突然出始めるという現象が現れます。また、ホール側で
は時間帯を設定し(例えば、6時から7時)、その間、規制台数
を解除し、客にサービスを実施している場合もあります。ですか
ら、それを見極めるのも重要です。

◆休止打ちで当たりを呼び込む
以上までで、ホール側の実態が理解されたと思います。これだけ
でを理解してホールで立ち回れば、あなたは勝ち組みに入れるは
ずです。この章からは、更に実戦的な話になります。さて、アク
ティブグループの中の当たり番はどのように移って行くのでしょ
うか?ここに攻略法のヒントがあります。実は基本的に、当たり
番は空き台を優先的に選びます。あなたは、いままではまってい
た台が人が変わったとたんに当たったり、お座り一発で当たりが
来たりしたことがあったり、見かけたりしたことがありませんか?
これらの事象が空き台を優先的に選ぶという傾向の証明です。
このことを応用すると、あなたが1度当たりを引いたときは、一
度玉を抜いて、カードも抜いてハンドルをもどし、1休みすると
良いでしょう。玉は上皿全てです。下皿には残してもいいですが
上皿にはセンサーがついているので1つも残さないでください。
すると、不思議なことに当たり引き戻すことができます。1休み
する時間は2分30秒以上です。この時間は後で説明されます。
もちろん、あなた以外にグループ内の誰かが当たりを引いた場合
もです。この休止打ちを実行することで、更に勝つことができます。
以上の説明では、グループの内に空き台がある場合、当たりが他
の稼動している台に移行しないことになりますが、空き台から稼
動している台にも移行しますので、実際には当たった台から直接
稼動している台に当たりが移行した様に見えるのです。休止打ち
をしても、当たり番が周ってこないときは、再び休止打ちをしま
しょう。この間隔は大当たり確率の10分の1ないしはリーチ4
〜5回が目安です。最新の機種では、30〜
40回回したら、小
休止しましょう。当たり番は空き台を優先的に周りますので、当
たりを呼び込むことができます。

◆当たり台が移行するタイミング
さて、当たり台が移行するタイミングは、次ぎのとおりです。
 a)初当たり終了後
 b)確変終了時(単発絵柄が来たとき)
 c)確変終了時(最後の単発絵柄の当たりのラウンドが終了したとき)
 d)旧フルスペックにおいて確変が終了し、時短に突入したとき。
 e)旧フルスペックの時短中。
  f)旧フルスペックにおいて、時短が終了したとき。
 g)次章で説明する各抽選時間

これらのタイミングは機種によって癖があり、また1島の機種構成で若
干変化しますので、実際はホールでタイミングをつかんでください。
新装開店やイベント時に、出玉を増やしたい(出ているように見せかける)
ときホールでは、当たり台の周りを遅くするのです。このことによって
特定の台が爆発します。当然あとの台ははまります。また、当たり台の周
りを早くすると、爆発はしないがたくさんの台に当たりが発生します。
このように、確率設定の無い台の出玉調整は、当たり番の周り方の設定
で行います。ですから、新装やイベントのホールで打つ場合は、どちら
か良く判断してください。最近はホールも不景気で、新装でも爆発台を
数台作り、後ははまり台ということも多いのでご注意ください。

◆主判定と副判定および予備判定の時間帯
更に勝率を高めるために、統括コンピュータの当たりの移行の司令
(抽選)を出す時間帯をお教えします。判定には、主・副・予備と
あります。主判定は初当たり(80%)と確変中の当たりを抽選し
ます。その時間帯は、1時間のうち0分,15分,30分>,45分
を基準とし、前後2分30秒(5分間)の間です。この時間帯に抽
選し、電圧を30秒間上昇させます。副判定は、初当たり(20%)
と当たり番の移行の抽選を行います。その時間帯は、主判定の基準時
間のちょうど中間を基準とし、前後1分(2分間)です。最後の予備
判定時間は、確変中の当たりを判定し、主判定時間と副判定時間の間
で、1時間に8回あります。ここで、特徴なのは、副判定時間でこの
ときに当たり台の移行が判定されると、確変が高い確率で終了してし
まうということです。ですから、7項で示したタイミングで当たりの
移行が行われるのです。この抽選の時間帯があるため、休止打ちは2
分30秒以上行う必然性ができるのです。最新情報では、主判定時間
帯に確変で当たった場合、主判定時間帯で確変中の当たりが抽選され
た場合、単発絵柄がくる確率が80%以上になります。ですから、1回
ループの最新機種と2回ループの旧機種では、連荘の数に大きな差がで
てきます。このことをしれば、確変中は主判定時間帯には打たないでお
けば、連荘の回数を伸ばすことができます。これらの判定時間帯は、あ
くまで統括コンピュータの内部時計の話ですので、多少実際の時間帯と
はずれますので、注意してください。また、同じグループ内では同じ時
間帯ですが、ホールでは、規則性が無いように見せるため、グループご
とに時間帯を5分間ずらして設定されている場合が多いので良く観察し
てください。また、ホールでのグループ構成をつかむためにも、良く記
憶しておいてください。

◆最後に
以上の攻略法を良く理解して実践すれば、3000円以内で当たりを引
くことが簡単になります。3000円以内で来ない場合は、当たり番が
来ていないことが予想されます。大抵、スーパーリーチもしくは高確率
の予
告が1,2回で当たりを引きます。例外として、大工の源さん・モ
ンスターハウスなどの時短がおまけについている機種からの当たりの移
行は、少なくても時短が終了し次の主判定時間まで打つことをお勧めし
ます。また、パイナップルボンバーなどの小当たりで確変が終了する機
種の小当たりも、通常機種の単発絵柄の当たりと同じと判断しますので
ご注意ください。実際にホールで打つ場合は、1時間はホールの状況を
観察してから打つことをお勧めします

◆夕刻のねらい目機種選択術
まず、優秀グループをその日の大当たり回数から選びます。現在、その
グループのなかで確変中または当たりが発生しているか見ます。もし2
台以下なら、迷わずそのグループの空き台を選びます。空き台が2台以
上ある場合は、総回転数の少ない方を選びます。また、当たり回数で見
るならば大きくはまっていない限りは、数回は当たっている台を選びます。
ただし、一回も回っていない台があれば、その台を選びます。
*優秀グループでもはまり台は在りますのでご注意を。
たまにホールで、1つグループがずれたな、または、あれ1つ数え間違
えたか?、なんで隣がでるの?と思ったときがあると思います。
それは、縦の移動つまり、グループ間の当たり番の移動が発生したと
きです。この縦の移動は、特定の時刻(11:00,15:00,18:00など)
のポイントになる決まった時刻に発生します。ただし、ホール毎に異な
りますのでご確認を。また、縦の移動は隣接したグループ(例えば、末
5番グループがアクティブであったとき、末3,6番)に移動するパタ
ーンが多いのです。



トップページに戻る    暴露情報に戻る    カテゴリー別に戻る

Copyright(C) 世の中の裏情報 All Right Reserved 

inserted by FC2 system